過去の全記事は⇒ サイトマップ

(4)「英語がペラペラ」を考える

「パターンの交換としてのペラペラ」と、「理解した内容と意思交換によるコミュニケーションとしてのペラペラ」があるのでは、という話でした。

たぶん、世間一般で「あの人は英語がペラペラ」などと言われているのは、大体の場合は前者でしょう。
後者はイメージとしては、本格的な異文化コミュニケーター・同時通訳者クラスかなと思います。

日本語でも、私たちは結構パターン化した会話で日々を間に合わせている、ということですね。

ワタクシもサラリーマン生活長かったですが、よく考えたら会社でも、血の通ってない、パターン化した会話で一日がくれることが結構ありますね。

「部長、提出資料の締め切りは24日ですか?」
「明日は弁護士のチェックが戻りますので、次の25日でお願いします。」

という感じの。

夜、残業を終えて帰る途中の定食屋で、店のオバちゃんと今日はじめて人間らしい会話をしたことに気づいて、ガクゼンとするとか(笑)。

こう考えてみると、ビジネス英語の世界でも、先ほどのパターン交換だけでかなりのところまでやれるかな、とは思います。

(ま、パターン会話だけで会社生活送るのもマジつまんなそうですが、それはまた別の話、ということで)

スポンサーリンク



いずれにせよ、初心者の段階では、語学修得ではこのような「パターン表現を大量に身につける」というのが、結構大事だと思います。

「場面別英会話フレーズ集」に象徴される本を買ってきて、ぶつぶつ覚えたり書き取ったりとか。「電話の英会話」「オフィスの英会話」の類ですね。


およそ習い事は「型」の習得に重きを置くものが多いですが、その意味では英会話も、確かにそういう部分がありますね。

「自分だけがパターンをいくら覚えても、相手がどう答えるかわからないんだから、結局一人相撲じゃないか?」と、思ったりしますか?

これはコワイことに、会話の片方がパターン化された問いを投げると、受け手の返答もパターンの域を出ないことがほとんどといっていい現実があるのです。
(さっきの、サラリーマンの会話例なんかが、典型ですよね!)


ですので、まずは「パターン化された会話や表現を大量におぼえる」ことが、英語・英会話力を伸ばすのにすごく有効、ということは、ゼヒ心に留めておいていただきたいと思います。

続きはまた明日。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.