過去の全記事は⇒ サイトマップ

(2)「英語がペラペラ」を考える

英語・英会話初心者が目指す「ペラペラ」族とは、いかなるモノか?を引き続き考えてみたいと思います。

といっても、自分が「ペラペラ」族だという自信があるなら、たぶんこんなことは考えないのだろうな…。

言葉とはいくらやっても果てのないものだし、マジメに突き詰めると、自信をなくすばっかりのような気がしませんか?  

だいたい生まれたときからしゃべっているはずの日本語だって、マジメに考えたら、なにほどのものか、怪しいと思いません?

スポンサーリンク



文法的に正しくて、漢字も正確に書けて、敬語と助詞もちゃんとつかえて、
「ら」抜き言葉なんか間違って使おうものなら切腹モノ…などと自覚している、
奥ゆかしい日本人は、今の世にどれだけいることやら。

ここで「日本人じゃん、日本語はペラペラだよ~」とひとりつぶやいてみたとき、つまるところ、これはココロのなかで漠然ともっている確信というか自信というか、「心のありよう」のことを指しているのでは?と思うわけです。

ただ日本語の場合は、生活全般上の道具として、そもそも自分の中でジャンル分けをしてないですし、とりたてて意識もしてないですよね。


昨日書いた3つのシーン、旅行・道端のあいさつ・電話の共通点は、
要するに「それぞれある種のパターンの展開」です。

決まった表現、先々が予測しやすい定型的な言葉を交換しあっている、ある種のお約束の世界なわけです。


別の言い方をすれば、パターンを交換しあう会話は、手持ちのパターンの数を増やしておきさえすれば、先の予測(会話がどう展開していくか、ですね)が立ちやすい。

こうなると話している当人も気持ちに余裕ができるし、落ち着いて会話の流れや変化に対応していきやすいわけです。

続きはまた明日。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.