過去の全記事は⇒ サイトマップ

(5)英単語とゴロあわせ

ゴロあわせは、

・「短期集中的に使うなら効果が高い」
・「自分でおぼえて長く使いこなせる限りなら文句なし」
・「はまれば一生頭の中に残るものもある」

のがメリットで、

・「無理がある文例が多い」のと、
・「頭の中での変換スピードが減速しがちなのがデメリット」、という話をしました。

考えてみると、このデメリットであげた2点は、お互いにからみあってるハナシかな、と思います。

たとえば、ちまたのゴロあわせ集を色々みていると、aからはじまる単語については、「あ、」「あっ、」とか「あぁ~」ではじまる作例が、かなりたくさんあります。

affinity 「あ、避妊って、相性悪かったの?」とか(これはワタクシの即興作(笑))。

いや、この単語一個だけならいいんですけど、aの単語で、何個も「あ、」とか「あぁ~」ばかり続くとねぇ…aからはじまる単語はみな、条件反射的に、「あっ」から始まるような気がしてきませんか。

スポンサーリンク



こうなると、頭の中での変換に慎重になっちゃって、英会話や英文を読んでいる時々に、やっぱり瞬間に立ち止まっちゃうと思うんですよ。

たくさんやっているうちに、「あっ、ってなんだよ」などと(笑)、つい余計なことまで考え出しちゃったりしませんか?「しょうがねえだろ、ただのゴロなんだから」などと、内心一人ツッコミもいれたりして、無駄な時間もどんどん過ぎていく…

後はmからはじまる単語は「まあ」とか「ま、」とか、jなら「じゃ、」「じゃあ」かな。

どうしてもこれではじまるものが増えてきちゃうので、頭のなかでの整理が、だんだんキツくなってきます。

そういう意味でも、ゴロでおぼえるべき単語は難易度の高いものだけに絞りこむとか、他の記憶法も併用するとか。

ゴロ一本だけに頼らないやり方を最初からとっていくほうが、とりわけ学習初心者の方にとっては、疲れないんじゃないかあ、と思います。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.