過去の全記事は⇒ サイトマップ

(4)英単語をなんとかしたい

こうして英単語だけとりだしてみると、英単語を本当の意味で使いこなすレベルまで血肉化するということは、よく考えたらなかなかやっかいです。

ある英単語を一語とってみても、語源、発音、接頭辞と接尾辞、文章の中での使われ方、類語との差異、その単語がもつ社会的・文化的なニュアンスと、あるわけですから。

それらをひととおり全部チェックして、例文とともに実際口に出して使っていってはじめて、その単語が血肉化して自信をもってマスターした!、ということになるんでしょうけど。

しかし、そこまで意識したら、やっぱり、アタマも体も固まっちゃいませんか(笑)?。

スポンサーリンク



まあ現実には英単語と日本語の意味の1対1の対応(せいぜい1対2くらい?)づけでおぼえる個数を増やしていく、ということに、大抵の場合はなっちゃうわけですね。「desperate=必死な」みたいな、対応関係ですね。

動詞や形容詞ひとつにしても、書店の英会話コーナーにいってみると、この読者の不安心理を潜在的につつくがごときタイトルの「日本人の英語はこういう点がおかしい」「こういう単語をこういう場面で使うとダメ」的な表題のものが、いっぱい並んでいます。

ワタクシもかつてはそういう本を結構買って、ラインマーカーを引きながらマジメに読んだものですし、今でも自宅にいっぱいあります。
なつかしくてたまにパラパラ読み返したりしますが、今は昔ほど根をつめて、そういう部分に向き合おうとは思わなくなってますね。

でも、数年前から、知らないことはある程度知らないままに英語に向き合っていこうという気持ち(このあたりは楽なほうばかりに流れても困るし、難しいんですけど)に変わっています。

少なくとも英語学者や英単語オタク、英語で食べていく真のプロを目指しているのでなければ、つねにわからない、あやふやだ、自信がイマイチ、という状態とつきあいながらになるわけですので、そこはマジメになりすぎないように、割り切らなきゃと、と思ってます。

いや、やはりそこは日本人、つい肩に力が入って細かい世界にいっちゃったりするんですよ(笑)


息長く続けていくこと、英語がゆるやかに自分のそばにあることが、日本でごく普通に暮らすワタクシにとっては、まぁ優先事項かなあと思っています。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.