過去の全記事は⇒ サイトマップ

(6)英単語をなんとかしたい

昨日は日英、英日とも1秒以内の変換くらいでなければ実用に耐えないという「1秒ルール」の話をしましたが。

あと長崎先生の本で、もうひとつ印象に残っていたことがありました。

これもうろ覚えですが、先生は確か、植物事典などで実際の植物の絵や写真をみながら、すべて英語で言えるように練習をしていったそうです。

これはトレーニングとしてかなり理想的ですし、非の打ち所がないと思います。

なのに、なぜワタクシの記憶に今まで残っているかといいますと。


それはですね・・・・

スポンサーリンク



ワタクシはこのようなおぼえ方ですと、なぜか?ダメなのですよ。脳裏に残らないっていうか。

どうも自分は、残念ながら絵や図で一瞬に体系をイメージで理解する「イラスト事典」タイプではなくて、

文字情報をしつこく泥臭く(笑)、何度も繰り返しみてようやく覚える「単語帳」タイプなのだ!と、

あるときハタ!と気づいたのであります。

右脳型とか左脳型とかいうやつに近いのでしょうか・・・う~ん。

まあ、単語についてはおぼえて使いこなすことが最終目標と思っていますので、そんなに気にしてはいないのですが。

でも、たとえばIQテストとかは、たくさんの図を一瞬見て判断するものばかりでしょう?
もはや、怖くて受けられません(笑)


同じだ!という人が少しは周りにいてくれると、ちょっとは気が安らぐかも、などとは思っていたりします。

スポンサーリンク


     

本サイトの情報提供について

英語・英会話 上達そこツボ!日記」は英語・英会話学習に関連する情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。英語・英会話に関連する一般的知識・情報提供が主な趣旨であり、またこれらの情報提供行為により何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましてはご自身の判断のもと、ご利用いただくようお願いします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

COPYRIGHT(C)2006-2017 英語・英会話 上達そこツボ!日記 All rights reserved.